Now Loading...

Now Loading...

サイト内検索

文字サイズ

オフィシャルブログ

ブラシがあるよ

2022年05月30日(月)

  • 植物園

アメリカ産植物見本園の階段を上にあがりフォークダンス広場へ。

広場の奥を眺めると赤、ピンクおよび白色の「ブラシ!?」を見ることができます。

写真① DSC_0626.jpg

【フォークダンス広場の奥】

近寄るとこんな感じです。

写真② DSC_0632.jpg【赤、ピンクのブラシ】

この植物は、「ブラシノキ」と呼ばれ、別名、カリステモン、ハナマキ(花槙)、キンポウジュ(金宝樹)と呼ばれています。

ブラシノキ(学名:Callistemon specious)は、フトモモ科ブラシノキ属の常緑小高木です。

英語では、「ボトルブラッシュ」と呼ばれ、属名のCallistemonはギリシャ語で「美しい雄しべ」です。

ブラシノキは、オーストラリア原産の植物で、日本には明治時代中期に輸入されました。

フォークダンス広場にあるカリステモン'キングス・パーク・スペシャル'は、名古屋・シドニー姉妹都市提携35周年を記念し、シドニー市より贈られたものです。

写真③ DSC_0641.jpg【カリステモン'キングス・パーク・スペシャル'の樹名板】

ブラシノキの花期は、5月から6月まで、品種により秋にも咲くものもあります。

花弁は緑で小さく目立ちませんが、赤、ピンクおよび白の長い花糸が目立ちます。

穂状花序をなし、花序全体が「ブラシ」のように見えます。

花序の先から枝が伸びるという珍しい特徴を持った植物です。

写真④ DSC_0631.jpg【赤の花糸】

写真⑤ DSC_0627.jpg

【ピンクの花糸】

写真⑥ DSC_0636_無害化済.jpg

【白の花糸】

また、植物園にあるシロバナブラシノキは、白花で常緑低木です。花は密な穂状に集まり、花弁はなく、多数のクリーム色で長い「雄しべ」がよく目立ち、花穂がブラシ状になります。


写真⑦ DSC_0646.jpg【シロバナブラシノキ】

写真⑧ DSC_0643.jpg

【シロバナブラシノキの樹名板】

皆さまに、ぜひ植物園に足を運んでいただき、独特の風情をもつ'オージープランツ'をご観賞していただきたいと思います。

皆さまのご来園を心よりお待ちしております。

ちなみにバラ園展望台に登ってすぐのところがフォークダンス広場です。

ここから見る展望は気持ちがいいです。

写真⑨ DSC_0650_無害化済.jpg【バラ園から展望台を望む】

○お知らせ○

植物園では見ごろの植物の情報を花マップで提供しています。

ご来園の際はぜひご利用ください。

植物園緑地造園係 石川 和之

ブログ一覧へ戻る

最新の記事

カテゴリーリスト

タグクラウド

top