Now Loading...

Now Loading...

サイト内検索

文字サイズ

オフィシャルブログ

立冬なのに23℃超え(星が丘門花便りNo.96)

2018年11月13日(火)

  • 植物園

立冬は冬の入り口。
「それにしては暑いよね」「でもボランティア日和かも」と和気あいあい。

こちらは星が丘門公園愛護会です。
毎月第1水曜と第3水曜の午前11時より1時間、花ボランティアをしています。
コキアが赤く染まるのを楽しみにしていたのですが、忽然と姿を消してしまいました。
植物園の方に尋ねたところ、気温が高かったことと日当たりが良すぎた影響で、赤くならなかったとのこと。
ああ残念。急遽パンジーとチューリップを植えることになりました。

植える前にまず配置.JPG〈植える前にまず配置〉

植えこんでます①.JPG

〈植えこんでいます①〉

植えこんでます②.JPG
〈植えこんでいます②〉

植えこんでます③.JPG
〈植えこんでいます③〉

植えこんでます④.JPG
〈植えこんでいます④〉

植えこんでます⑤.JPG
〈植えこんでいます⑤〉

プランター16基に、パンジー112株とチューリップの球根88玉。
本日は11名が来てくれたので、作業はとんとん拍子でした。
花びらがビロードのようなパンジー。
蝶が舞うような形なので古くは「遊蝶花」と呼ばれたとか。

こんな句はいかがでしょう。

遊蝶花春は素朴に始まれり    水原秋桜子

ブドウ色のパンジーもきれいでしょ.JPG
〈ブドウ色のパンジーもきれいでしょ〉

現在、植物園は「秋まつり」の真っ最中。
16日からはもみじ狩りも始まります。
星が丘門入口のモミジやカエデの少しずつ色づいてきました。
足元のツワブキも花を咲かせました。
蕗(ふき)に似ているが、葉がつややかなので古名「つやぶき」というのが、「つわぶき」となったもので、石蕗(つわ)の花は初冬の季語です。
こんな句をみつけました。

静かなるものに午後の黄石蕗の花  後藤比奈夫

菊に似た黄色い花がたくさん!.JPG
〈菊に似た黄色い花がたくさん!〉

植替えや水やり、草取り、掃き掃除のほかに今回は高い場所の剪定作業も行いました。
照明塔の柱を伝って、伸びに伸びて絡まった蔓(つる)。
F子さんが自宅から高枝切狭を持参し、懸命に切ってくれました。
「捨てるのはもったいない」と手の空いた人がリースを作りました。

ドングリや松ぼっくりをつけたらクリスマス飾り①.JPG
〈ドングリや松ぼっくりをつけたらクリスマス飾り①〉

ドングリや松ぼっくりをつけたらクリスマス飾り②.JPG〈ドングリや松ぼっくりをつけたらクリスマス飾り②〉

次の活動日は11月21日。
園内のイロハモミジの紅葉が楽しみです。
花ボラに興味ある方は、声をかけてくださいね。

平成30年11月7日 星が丘門公園愛護会会長 濱田淳子
(担当:植物園緑地造園係 橋本桂佑)

ブログ一覧へ戻る

最新の記事

カテゴリーリスト

タグクラウド

top