Now Loading...

Now Loading...

サイト内検索

文字サイズ

オフィシャルブログ

ケニーありがとう~世界ゾウの日~

2020年08月12日(水)

  • 動物園長のZooコラム
  • アフリカゾウ

本日8月12日は世界ゾウの日です。

毎年8月12日は世界ゾウの日です.JPG

絶滅の危機に瀕しているゾウの保護について、世界中で呼びかける日として今から8年前の2012年8月12日に、カナダの映画監督Patricia Sims氏とタイの保護団体(Elephant Reintroduction Foundation)により設立されました。世界には3種のゾウの仲間が生息しています。東山動植物園ではそのうちアジアゾウとアフリカゾウの2種を飼育していましたが、現在はアジアゾウ一種の飼育展示になりました。

ちなみに3種のゾウのうち、残る一種はマルミミゾウです。

すでに報道発表でお伝えしていますが、一昨日にアフリカゾウのケニーが急死しました。予期しなかった訃報をこのような特別な日にお話しすることになり、大変残念です。

ケニーは前日まではとても元気でした。当日は朝から元気・食欲がなく、時折いきむような仕草が見られましたが、こうしたことはこれまで度々あったことから、このような大事になるとは誰も予想できませんでした。ケニーは歴代のアフリカゾウで最も長い45年という長きにわたり来園者を楽しませたり、元気を与えてくれたのはもちろん、人なつっこい性格や優しい表情からファンが多く飼育員からも可愛がられていました。

私が知ってるだけでも、地元CMへの出演・有名タレントの飼育体験での共演、子供たちの環境教育への貢献、おやつをあげようなどイベントへの対応など、たくさんの思い出があります。皆さんにもそれぞれの思い出があると思います。

環境教育プログラムに参加してくれた園児とケニー.jpg動物園職員を代表し、ケニーに対しまして改めて感謝と哀悼の意を表します。

先立った仲間のマルサ、チイらと天国で再会を果たし、また一緒に過ごしていることでしょう。どうか安らかに眠って下さい。

在りし日のケニー.jpg

アフリカゾウ舎には献花台を8月30日まで設置しています。
野生のゾウは今、生息数を減らしております。千里の道も一歩から!ケニーの死を無駄にしないためにも、今日をきっかけに、ゾウのことをもっと知り、地球環境を守るために自分にできること、何かを始めるきっかけになったらうれしいです。

動物園長  黒邉雅実

ブログ一覧へ戻る

最新の記事

カテゴリーリスト

タグクラウド

top