Now Loading...

Now Loading...

サイト内検索

文字サイズ

オフィシャルブログ

奇妙な?ランの世界

2018年03月04日(日)

  • 植物たち

まだまだ寒い日が続きます。

そんな中ですが、植物園の温室では洋ランが見ごろを迎えています。

東山のランは原種が多く、園芸種よりも地味なのですが奇妙な形をし たものが多くます。

そんなちょっと変わったランを紹介します。

Clowesia(クラウシア)

1.jpg

タケノコの横から花束が突然現れたような見た目をしています。

このタケノコのような部分は「バルブ」といい養分を蓄える部分です。

Bulbophyllum falcatum(ブルボフィルム・ファルカツム)

2.jpg

魚を三枚におろした中骨部分のような見た目をしている花です。

ちょっと解りにくいですが、中心のふくらみが花なのです。

3.jpg

(よく見ると花が咲いてきています)

Arpophyllum spicatum(アルポフィルム・スピカツム)

4.jpg

あえて例えるなら紫色のトウモロコシでしょうか。

紫色の小さな花が規則正しく並んでいます。

Cymbidium tracyanum(シンビジウム・トラキヤナム)

5.jpg

足のはえた生き物のような、乗り物のような見た目です。

まだまだ他にも奇妙なランがありますよ。

これは何に似ているかなと考えながら見るのも楽しいですよ。

○お知らせ○ 植物園では見ごろの植物の情報を花マップで提供しています。

ご来園の際はぜひご利用ください。

★花マップ★

http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/05_plant/feature/map/

植物園指導園芸係 高木 彬

ブログ一覧へ戻る

top