Now Loading...

Now Loading...

サイト内検索

文字サイズ

オフィシャルブログ

ツバメ、来る(星が丘門花便りNo.140)

2022年04月27日(水)

  • 植物園

こんにちは。星が丘門公園愛護会です。

毎月第1水曜・第3水曜の10時半から約1時間、東山植物園の星が丘門周辺で花ボランティアをしています。

令和4年4月20日の活動について。

空は青く澄み渡り、ガーデニングには絶好のお天気。5名が集まり、草取り、チューリップの剪定、パンジーの花殻摘みをしました。2日前に大量の雨が降り、プランターの土は湿っており、週末は雨が降るとの予報が出ていたので、今回の水やりはパスしました。

今回の注目スポットはモッコウバラ。139号で紹介した通り、全開です。僅か1本の茎から枝を延ばし葉が茂り、花の数は数え切れません。約5メートルほどの金色いドレスのような生垣がこちらです。

写真①_無害化済.jpg

モッコウバラのアップはこちら。

写真②_無害化済.jpg

さらにアップするとこちら。どの花も様々な表情を見せてくれて素敵です。
写真③_無害化済.jpg

クリスマスローズの花は終わりましたが、その足元にはアジュガが青い炎のように咲いています。幻想的な雰囲気に圧倒されました。

写真④_無害化済.jpg写真⑤_無害化済.jpg

青いパンジーのバックヤードにたたずむ姿も大人の雰囲気。

写真⑥_無害化済.jpg

前々回は小学生の隊列のようだったクリサンセマムムルチコーレ。すくすく成長して高校生ぐらいになりました。肥料をたっぷりあげた甲斐があったね...とOさん。
写真⑦_無害化済.jpg
写真⑧_無害化済.jpg

そして、帰りがけにもう一度モッコウバラを目に焼き付けました。

写真⑨_無害化済.jpg

星が丘門は、青と黄色の花に彩られておりましたが、星が丘テラスは今回もファンタジックな色彩。

写真⑩_無害化済.jpg 

写真⑪_無害化済.jpg

我々のチューリップは咲きすぎていたので剪定しましたが、星が丘テラスの黒いチューリップは最高の美しさ!

写真⑫_無害化済.jpg

写真⑬_無害化済.jpg

星が丘三越の東の沿道の小さな花壇の可憐な隊列も、目を楽しませてくれました。

写真⑭_無害化済.jpg写真⑮_無害化済.jpg

花に見とれていたら、空気を切り取るような気配。顔を上げたら、ツバメが猛スピードで飛んでいました。なので、今回の表題は「ツバメ来る」にしました。ツバメにまつわる楽しい句をご紹介します。


初燕 何時もなにかに追はれゐる  根岸 善雄

巣を守る 燕のはらの白さかな  炭 太祇(たん たいぎ)


毎年、星が丘テラスに巣を作るツバメに癒されています。命の誕生の喜び、懸命な子育て等々、教わることって多いですね。(=^・^=)

 

令和4年4月24日 星が丘門公園愛護会会長 濱田淳子

(担当:植物園緑地造園係 丹羽幸恵)

ブログ一覧へ戻る

最新の記事

カテゴリーリスト

タグクラウド

top