Now Loading...

Now Loading...

サイト内検索

文字サイズ

オフィシャルブログ

ホオノキの観察

2020年05月15日(金)

  • 植物園
  • ホオノキ

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため閉園中ですが、園内の植物は季節が来ると花を咲かせます。
 早春の小径(こみち)をずっと東に進んでいくと、野原ビオトープの端のあたりにホオノキ(学名:Magnolia obovate Thunb.)があります。
 モクレン科の植物で枝先に香りが強い大きな白い花を上向きにつけます。大きな葉が朴葉味噌(ほおばみそ)に使われる植物です。花も葉も大きくサイズ感も魅力に感じます。


01 ホオノキの開花(5月7日)

01 ホオノキの開花(5月7日).JPG

高いところで上向きにたくさん花をつけるので、その多くは近くに見ることができないのですが、4月の末に低い位置のつぼみを見つけたので、少し追って観察してみました。

02 つぼみ(4月30日)

02 つぼみ (4月30日).JPG

ホオノキは咲いた1日目に中央にある赤い雌しべの柱頭部をそり返らせ、花粉を受け取れる状態になります。雌の機能をもつ花となり、この時期を雌性期(しせいき)と言います。

03 開花1日目(5月7日)

03 開花1日目(5月7日).JPG

04 アップ写真 雌性期 (開花1日目)

04 アップ写真 雌性期 (開花1日目).JPG

咲いた花はその日の夜にいったん閉じてしまいます。

05 2日目の朝(AM 8:51)

05 2日目の朝 (AM8時51分).JPG

翌日に再び開くと、今度は上部の雌しべの柱頭は閉じた状態となり、下部の雄しべが張り出し開いてきます。次第に葯が裂開して花粉を出します。この時期を雄性期(ゆうせいき)と言います。

06 開花2日目(5月8日)

06 開花2日目 (5月8日).JPG


07 アップ写真 雌性期 (開花2日目)

07 アップ写真 雄性期(開花2日目).JPG

08 さらに開く雄しべ

08 さらに開く雄しべ.JPG

咲いた当日は雌ですが、いったん閉じて翌日は雄になり、性を変えてしまいます。この仕組みを得て、ホオノキは同花受粉せず昆虫に花粉を媒介してもらって次の世代を残しているのですね。

植物園緑地造園係  野村 幸央

ブログ一覧へ戻る

最新の記事

カテゴリーリスト

タグクラウド

top