Now Loading...

Now Loading...

サイト内検索

文字サイズ

オフィシャルブログ

台風お見舞い申し上げます(星が丘門花便りNo.111)

2019年10月22日(火)

  • 植物たち

こんにちは、星が丘門公園愛護会です。毎月第1水曜と第3水曜の10時半から約1時間、東山動植物園の星が丘門周辺で花ボランティアをしています。10月2日は7名で草取りや剪定、水やりを行い、本日(10月16日)も9名が活動をしました。

3808 ジニア.JPG

【ジニア】


ジニアの勢いが素晴らしい!
お花畑のジニアも見頃です。

3806 リノベ成功.JPG

【リノベ成功】


9月18日にOさんが行った「プランターのリノベーション」はうまくいき、秋の風情の漂うたたずまいになりました。

ベゴニアも、ニチニチソウもご覧の通り元気です。

3804 ベゴニア.JPG

【ベゴニア】

3805 ニチニチソウ.JPG

【ニチニチソウ】

先週末は台風19号が来るということで、かなりの被害を予想していました。ですが、東山動植物園の被害は比較的少なく、我々が手入れしている植物も、ほぼ無事でした。でも各地で、川が氾濫したり、崖が崩れたり、浸水被害があったりと、大変な災害でした。
台風や豪雨のスケールが、年々大きくなっているのは何故? その理由の一つに、地球の温暖化があげられるのであるなら、我々は何ができるのか...真剣に考えなくてはならない時期に来ているような気がします。

活動の帰り道、どこからともなく清涼感のある甘い香りが...。
香りの主は菊里高校正門の金木犀でした。この香りのおかげで、先ほどまでの重い気持ちが少し軽くなったよう。植物の力は、さりげなく底知れぬものがありますね。

3811 パンパスグラス.JPG

【パンパスグラス】


星が丘テラスは、本格的な秋のムード。この時期にしか見ることのできないパンパスグラスの美しいこと!

その穂が、九尾の狐の尻尾のようだと感じるのは、私だけでしょうか。


令和元年10月16日 星が丘門公園愛護会会長 濱田淳子
(植物園担当:緑地造園係 野村幸央)

ブログ一覧へ戻る

最新の記事

カテゴリーリスト

タグクラウド

top