Now Loading...

Now Loading...

サイト内検索

文字サイズ

オフィシャルブログ

秋は貴婦人の如し(星が丘門花便りNo.110)

2019年09月26日(木)

  • 植物園

二週間前とよく似た怪しい空模様。降るかな、降らないかな...と思いながら坂道を上り、星が丘門に向かいます。沿道のプランターに植えたニチニチソウは、しっかり根付いた様子。でも葉っぱが丸まっている株が数個あり、水不足を訴えているみたい。ならば、降ろうが降るまいが水やりをしなくては。でも水やりの最中に降られたら、またまたずぶぬれになる。教訓は生かさなくては! 今日はとにかくまず水やりをしなくては! 
水やり必須と思ったのは私だけではありませんでした。手分けしてプランターに水をたっぷり与えました。

3794 水やり後のニチニチソウ.JPG

自己紹介が遅れました。我々は星が丘門公園愛護会です。毎月第1水曜と第3水曜の10時半から約1時間、東山植物園の星が丘門周辺で花ボランティアをしています。
ジニアもしっかりと根付いた様子。こちらにもたっぷり水やりしました。

3798 ジニア.JPG

何とか生き延びたペチュニアとサルビア、コリウスにも水をやりましたが、限界の様子。そこで、見栄えの良くないものは抜き、残りをきれいに整えました。プランターのリノベーションといったところでしょうか。

3792 水やり.JPG3799 リノベーション.JPG

ベゴニアも水をやったら元気を取り戻しました。

3795 水やり後のベゴニア.JPG

重いホースを200メートルほど運び、水栓につないでくれたMさんとHさんには感謝&感謝。

3796 水栓にトライ.JPG

泥だらけになりながら草取りもしました。背中も額も汗、汗、汗。

3800 草取り.JPG

作業後は、お花畑を眺めながらお弁当をいただきました。すると細かい雨が......。でも一時的なものでした。「やっぱり水やりをして正解だったね」と、満足して食べると何倍もおいしい!

秋を三分して初秋、仲秋、晩秋といいますが、今は仲秋。今日はあいにくの曇り空でしたが、晴天を連想させる句がこちら。

仲秋や雲のうへなる雲流れ    岸 風三楼 (きし ふうさんろう)

帰り道、星が丘テラスですてきな寄せ植えに出会いました。

3790 秋は貴婦人の如し.JPG

「秋は貴婦人の如し」といった風情。自分もいつの日か、このようにありたいものです。


令和元年9月18日 星が丘門公園愛護会会長 濱田淳子
植物園緑地造園係 野村幸央

ブログ一覧へ戻る

最新の記事

カテゴリーリスト

タグクラウド

top