Now Loading...

Now Loading...

サイト内検索

文字サイズ

オフィシャルブログ

冠木門完成です。

2019年03月04日(月)

  • 植物園

椿園の冠木門が新しくなりました。(名古屋東ロータリークラブさんからの寄附です。) ところで冠木門って、なに? そこで早速、調べてみました。 冠木門とは、『笠木を柱の上方に渡した屋根のない門』(出典:岩波国語辞典第五版)と記述してありました。

❖それでは早速、二代目冠木門を見てみましょう。

冠木門正面.jpg

【国語辞典の記述をそのままに、具現化したかのような二代目です。】

冠木門裏.jpg

【裏から見るとこんな感じです。なかなか重厚かつ立派です。】

(。´・ω・)? でも初代冠木門は、たしか屋根があったはず。なぜ?

❖それでは初代冠木門を見てみましょう。

初代冠木門.jpg

【初代冠木門:確かに屋根があります。記述によれば、こちらは正式な冠木門ではありません。】

❖では、なぜ屋根付きにしたのか。

椿園額.jpg

【実は初代には「椿園」の額が掛かっていました。書は元名古屋市長 杉戸 清さん筆です。】

これは想像ですが、屋根を付けたのは、この額を雨から守るためだったと考えられます。 初代冠木門は、1968年(昭和43年)に建てられました。実に50年もの長い間、その役目を果たしました。 もしも屋根がなければ、この額も朽ちていたことでしょう。2代目にも、この先50年間がんばってほしいものです。

なおこちらの額は、先代から引き継ぎ、雨が当たらないようにしてお披露目したいと考えています。 皆さん、どうぞお楽しみに。

○お知らせ○

植物園では見ごろの植物の情報を花マップで提供しています。

ご来園の際はぜひご利用ください。

植物園緑地造園係長  太田 幹夫

ブログ一覧へ戻る

最新の記事

カテゴリーリスト

タグクラウド

top