Now Loading...

Now Loading...

サイト内検索

文字サイズ

オフィシャルブログ

啓蟄から春分へ(星が丘門花便りNo.101)

2019年03月25日(月)

  • 植物たち

暖かくなりました。こんにちは。星が丘門公園愛護会です。 毎月第1水曜と第3水曜の午前11時より1時間、花ボランティアをしています。 空がやわらかな青色になり、ガーデニングや散策が楽しめる季節になりました。 梅の花がそろそろ終わりますね。

白梅のあと紅梅の深空あり  飯田龍太(いいだ りゅうた)

2月23日の白梅.JPG

〈2月23日の白梅〉

同じ日に紅梅も.JPG

〈同じ日に紅梅も〉

今回の表題、啓蟄(けいちつ)は、「春の陽気に誘われた虫たちが生き生きと活動を始める」ことを意味しています。 また、春分は「太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じ長さになる」、二十四節気では大きな節目の日。 春分をはさんで7日間のお彼岸は、先祖の供養をするほか、かつては農作業事始めの神祭を行っていたそうです。

ポカポカ陽気.JPG

〈ポカポカ陽気〉

花殻摘み.JPG

〈花殻摘み〉

花殻摘み2.JPG

〈花殻摘み2〉

1月にそっと移植したムスカリが花壇の隅に咲きました。

ムスカリが生き延びました.JPG

〈ムスカリが生き延びました〉

それに気をよくして、本日は道ばたのガザニアを移植してみました。 うまくいけば、黄色い花が花輪のように樹木の根元を飾ってくれるはず。楽しみです。

ガザニアを移植中.JPG

〈ガザニアを移植中〉

そういえば、本日は平成30年度最後の活動日。 記録ノートを確認したところ、この一年間の活動回数は21回。 そして、活動人数は延べ189名! よく頑張りました。

足腰に効く?.JPG

〈足腰に効く?〉

我々をねぎらうかのように、クリスマスローズがうつ向きながら開花していました。

恥じらいのクリスマスローズ.JPG

〈恥じらいのクリスマスローズ〉

そろそろ桜。次回は桜の回廊の写真をお届けできそうです。

みづからの風をはらみて初桜  鷹羽狩行(たかは しゅぎょう)

平成31年3月20日 星が丘門公園愛護会会長 濱田淳子

(担当:植物園緑地造園係 橋本桂佑

ブログ一覧へ戻る

top