Now Loading...

Now Loading...

サイト内検索

文字サイズ

新着のお知らせ

伊藤圭介が残した櫻譜(名古屋市指定有形文化財)を初公開します

2019年03月13日(水)
植物園

東山動植物園の「桜の回廊」では、早咲きの桜が咲き始め、これから 4 月中旬まで 100 種 1000 本の 桜が順に咲く、桜の開花リレーを楽しむことができます。

そこでこの時期にあわせ、名古屋が生んだ日本初の理学博士である伊藤圭介の桜に関する所蔵品を初公開します。

現在「桜の回廊」では、オカメ、小彼岸など、早春の桜が見ごろになっています。

この先、江戸彼岸、 糸桜、御衣黄、兼六園菊桜なども順に開花していきます。

ぜひ、お越しください。

【伊藤圭介の桜に関する所蔵品の 公開 】

開催期間:平成31年3月16日(土)~同年3月24日(日)

場所: 伊藤圭介記念室 (植物会館内)

内容:伊藤圭介刊行の「櫻譜(おうふ)」(当時の植物図鑑)などを公開します。

top