東山動植物園公式ブログ「ひがしやまちょっとe〜話」

ぞう列車記念碑

2008年06月17日(火)

70年の歴史を持つ東山動植物園。戦後、「ぞう列車」の話はあまりにも有名な事となりました。
現在、正門近くのアジアゾウ舎は当時の建物のまま残っています。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

アジアゾウ舎(仕切り柵は改修時に設置)

アジアゾウ舎横には「ぞう列車」を忘れないという思い「ぞうれっしゃのなかまたちの会」の方々によって記念碑が建てられました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

ぞう列車の記念碑

皆様も是非ご覧下さい。

動物園飼育第一係 鈴木 伸子

  【カテゴリ】:動物園その他

投稿時間: 10:00

待望の産卵

2008年06月16日(月)

アネハヅルのペアが待望の卵を産みましたが、同じ日にクロヅルも産卵したので、アネハヅルの卵をクロヅルの巣に置きました(小さい方)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

なぜなら、アネハヅルは産んだ卵を食べてしまう食卵癖があるからです。孵化予定は6月末です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

アネハヅルの卵と自分の卵を抱卵するクロヅル

動物園飼育第二係 西尾 金由

2年ぶりにアシカ赤ちゃん誕生

2008年06月13日(金)

6月7日午後にカリフォルニアアシカの“ルル”と“ベル”が出産しました。唯一のオスの“フェリックス”にとって初めての子供です。

画像(320x249)・拡大画像(616x480)

“ルル”と赤ちゃん

“ルル”は今回が初産です。

画像(320x216)・拡大画像(640x433)

“ベル”と赤ちゃん

ヒトと違い、アシカのお産は短時間かつ安産です。
が、出産前は苦しそうにいきむ声が聞こえます。
大仕事を終えた“ルル”と“ベル”、休む間もなく子育て開始です。
子育てが安心してできるよう、そぉっと見守ってあげて下さいね。

動物園飼育第一係 鬼頭 美妃

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ソーシャルメディア始めました

6

2008


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近の記事

カテゴリーリスト

アーカイブ

検索


powered by a-blog RSS
名古屋市東山総合公園
開園時間:午前9時〜午後4時50分(入園は午後4時30分まで)
休園日:月曜日(国民の祝日又は振替休日の場合はその翌日)
〒464-0804名古屋市千種区東山元町3-70 電話番号:052-782-2111(代表)