東山動植物園公式ブログ「ひがしやまちょっとe〜話」

[80th]80周年ライオン舎 その2

2017年01月31日(火)

寒い日が続いています。
以前ライオン舎の秘密(?)について執筆したところ意外に好評でしたので少々悪ノリ(?)してまたライオン舎の秘密をご紹介しようと思います。
この時期の動物園の獣舎では、動物たちのために様々な保温装置を使って動物たちを寒さから守っています。たとえば床暖房、遠赤外線ヒーター、エアコン・・・。
ライオン舎にももちろん床暖房があります。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

コンクリートの台が暖房部分です

以前にもお伝えしたとおり、このライオン舎は建築されて80年を迎えます。
現在の動物園で使用されている暖房装置はそのほとんどが電気を使っていますが当時の日本の電力事情を考えますと床暖房はおろか照明装置もなかったと考えられます。
新築当時ライオン舎のライオンたちはどのように冬を乗り切っていたのでしょう?
答えはここです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

赤い丸囲みに注目!

ライオンたちの部屋の床下には空洞が存在しここに炭を入れて床を暖めていたそうです。
まるで韓国の「オンドル」のようですね。
現在はコンクリートでふさがれていますが、この壁面を見る度に寒い日に火のついた炭をいれ、次の日にはたまった灰を掻き出す作業は大変だっただろうなと思えてなりません。
80年前の動物園の動物飼育はこのような知恵と工夫と情熱によって支えられていたのですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

春が待ち遠しいです

動物園飼育第一係  小林 隆志

  【カテゴリ】:80周年

投稿時間: 09:00

ページのトップへ ページのトップへ

1

2017


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

カテゴリーリスト

アーカイブ

検索


powered by a-blog RSS1.0
名古屋市東山総合公園
開園時間:午前9時〜午後4時50分(入園は午後4時30分まで)
休園日:月曜日(国民の祝日又は振替休日の場合はその翌日)
〒464-0804名古屋市千種区東山元町3-70 電話番号:052-782-2111(代表)