東山動植物園公式ブログ「ひがしやまちょっとe〜話」

大水槽ガラス面にある、なぞの卵塊

2017年01月24日(火)

世界のメダカ館内に入って右手にある大水槽は、田んぼの用水路に見立てた展示になっており、数種類の生物を飼育展示しています。ニホンメダカの地域個体群である名古屋メダカをはじめ、ドジョウ、カワヨシノボリ、モツゴなどです。
 その水槽でよくお客様から質問を受けるのが、ガラス面に付着している卵塊(卵のかたまり)についてです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

たくさんのメダカが泳いでいる水槽なので、「メダカの卵ですか?」と聞かれるのですが、メダカは水草や流木などに産卵する為、メダカの卵ではありません。これはモツゴの卵です。
 モツゴの産卵期は、自然下では春から夏にかけてですが、世界のメダカ館内は水温が25度と一定に保たれているため、産卵はモツゴの体調によりますが年中行われます。大水槽内のモツゴたちも昨年の夏から定期的に産卵を続けています。
また、自然下では、ヨシや石の表面に産卵するのですが、ガラス面がお気に入りのようで、私たちにとって観察しやすくなっています。産卵にかかわったオスは、その産卵床をふ化まで守る習性がありますので、そっと観察してみてください。目の周りに追星(繁殖期に見られる白い斑点)がでて、体色が黒っぽくなったモツゴがいると思います。きっと近くで見張りをするように泳いでいますよ。
ふ化までは1週間ほどですが、何回か繰り返し産卵しますので、卵塊を見つけた方は、ぜひ卵の中の様子まで観察してみてくださいね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

モツゴ

動物園飼育第二係  田中 理映子

みなさんご存知!アオイちゃんのお話

2017年01月21日(土)

みなさんこんにちは!
今日は旧シンリンオオカミ舎で暮らしているアオイちゃんのお話です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

アオイちゃん、看板の表記には「人懐っこい性格」と書いてありますが、実際にアオイちゃんを見てみて「?」と思われた方もいるかと思います。飼育員に対しては、寄ってきてくれたり、近くで寝てくれたりします。時々いびきも聞こえる程です。
しかし普段のアオイちゃんは、お客様が大きな声を出しただけで尾を下げてしまったり、大勢の人に見つめられると室内に隠れてしまったりします。
でも動物園は多くの人が来て、沢山の声がするのが当たり前の場所です。

そこで、アオイちゃんの毎日を少しでも楽しいものにするために、
@アオイちゃんを静かな森の湖畔で飼う。
Aアオイちゃんの恐がりを少しでも克服する。
のどちらかだと考えました。

静かな湖畔は適した場所が思い当らなかったので現在Aに取り組んでいます。

まだまだ恐がったり隠れたりする事も多いですが、飼育員が近くにいるとお客様の近くで寝転んで日なたぼっこができるようになりました。

皆さん御存知だとは思いますが、アオイちゃんの話でした。


動物園飼育第二係  片岡 裕貴

お久しぶりのニューフェイス

2017年01月20日(金)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

いえいえ、新しくやってきたアナグマの「マチ」です

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

いっぱい穴を掘りました

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

見えなくても驚かさないでくださいね

動物園飼育第一係  野本 吏樹 

「お久しぶりのニューフェイス」の続きを読む

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ソーシャルメディア始めました

1

2017


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

カテゴリーリスト

アーカイブ

検索


powered by a-blog RSS
名古屋市東山総合公園
開園時間:午前9時〜午後4時50分(入園は午後4時30分まで)
休園日:月曜日(国民の祝日又は振替休日の場合はその翌日)
〒464-0804名古屋市千種区東山元町3-70 電話番号:052-782-2111(代表)