東山動植物園公式ブログ「ひがしやまちょっとe〜話」

ショクダイオオコンニャク、巨大な葉っぱをお楽しみください

2016年08月25日(木)

昨年8月に小石川植物園から分譲していただいたショクダイオオコンニャクが、7月14日に発芽しました。かなり大きく育ってきましたので、今までバックヤード温室で栽培してきましたが、みなさんに見ていただきたくて、サンギャリー温室に展示しました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

サンギャラリーの一番東側(サガロ温室の手前)

ショクダイオオコンニャクは、インドネシアスマトラ島原産。
世界一大きく、そして強烈に臭い花を咲かせることで有名な植物です。今回は、葉芽でしたので、花は来年以降のお楽しみとなります。

とは言っても、ショクダイオオコンニャクの葉っぱは、充分に見応えのあるものです。この葉芽の大きさですと、葉っぱは、私たちの背の高さより大きくなるのではと、とても期待して見守っています。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

現在、葉っぱが厚い鞘状葉(しょうじょうよう)と呼ばれる鞘(さや)の中から、出てきている様子がご覧になれます。葉っぱはとてもきれいに折りたたまれていて、成長するにしたがって開いてくるようです。すごい収納術です。
ショクダイオオコンニャクは、一年に一枚の葉しか出しません。今後、一見幹のように見える軸が出ます。葉柄(ようへい)と呼ばれる、葉っぱの本体を支える役割の部分です。その部分も含めて一枚の大きな葉っぱなのです。

今日の芽の高さは65p。これからのダイナミックな葉の成長をお楽しみいただきたいです。

また、私たちが食用としているコンニャクは、也有園のお茶室の北側に植栽されています。

★花マップ★


植物園指導園芸係  今井田 春美

ホッキョクグマに氷をプレゼント!!

2016年08月24日(水)

名古屋の夏は、やはり暑い!!
もともと寒いところに住んでいるホッキョクグマにとっては、さらに堪える暑さです。
そこで当園ではすこしでも暑さを凌いでもらうために、毎年8月の日曜日にホッキョクグマに氷をプレゼントしています。
今年の第1回目だった8月7日には、特別バージョンとしてお客さんにも参加していただいてクマに氷をプレゼント!

画像(320x236)・拡大画像(640x472)

お客様にもご参加いただきました

氷を一生懸命かじるときもあれば、まったく興味を持たずただ氷が溶けていくだけのシュールなときもあり、その時その時で色々な反応を見せてくれます。

画像(212x320)・拡大画像(425x640)

今回は氷の中の魚を食べています

次回は8月28日午後2時からで今年最後となります。こちら飼育係も趣向を凝らした氷が作れないか試行錯誤をしていますので、みなさんぜひお集まりください。


動物園飼育第一係  渡辺 敬一

薪フィーダー

2016年08月23日(火)

前回のタンクフィーダに続き、チンパンジー舎で行っているエンリッチメントの“薪フィーダー”について書かせていただきます。

画像(320x212)・拡大画像(640x425)

写真のようにたき火などに使う薪のような形がネーミングの理由です。そのまんまですね。分かりやすくて良いネーミングセンスでしょ?(^v^)

園内の樹木を伐採した時に短く切ってもらい、切り出した枝に複数の穴を開けて穴の中に落花生(殻付き)を差し込んで使います。この落花生欲しさにチンパンジー達はいろいろな方法で取り出します。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

片腕がないアキコ(メス)も大丈夫‼
器用に足で掴んで上手に落花生を取り出しています。

今回も動画をつけていますのでご覧ください。




動物園飼育第二係  近藤 裕治

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ソーシャルメディア始めました

8

2016


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事

カテゴリーリスト

アーカイブ

検索


powered by a-blog RSS
名古屋市東山総合公園
開園時間:午前9時〜午後4時50分(入園は午後4時30分まで)
休園日:月曜日(国民の祝日又は振替休日の場合はその翌日)
〒464-0804名古屋市千種区東山元町3-70 電話番号:052-782-2111(代表)