基本構想

東山動植物園再生検討委員会からの提言を受け立案・策定された基本構想では、「環境の世紀」といわれる21世紀における、動植物園の果たすべき役割・使命の変化を背景に、再生の基本理念及び基本方針を定めるとともに、東山動植物園の目標を定めています。

基本理念

生命(いのち)をつなぐ 持続可能な地球環境を次世代に

「環境の世紀」といわれる21世紀における動植物園そのものの存在意義として、「人と自然をつなぐ場」となり、生命(いのち)の大切さや、生命の源である地球(自然)の大切さを伝え、持続可能な地球環境を次世代へつなげていくこと。

基本方針

東山動植物園が、人と自然をつなぐ場となるためには、さまざまな垣根を取り払い、生まれ変わる必要があります。そのために、次の6つの基本方針を定めます。

  1. 「見るもの」と「見られるもの」の垣根の除去
  2. 希少動物の「保護」と「増殖」への貢献
  3. 「娯楽」と「学習」の両立
  4. 「動物園」と「植物園」の融合
  5. 「東山の森」と「動植物園」の一体的活用
  6. 「市民」と「行政」との協働

東山動植物園の目標

人と自然をつなぐ懸け橋へ

都市に暮らす人々の憩いの場であるとともに、自然のすばらしさや大切さを学習し、生物多様性の保全や地球環境の持続につながる場となること。

資料ダウンロード

PDF形式のデータをご覧いただくにはアドビシステムズ社のAdobe(R)Readerが必要です。最新のAdobeReaderはAdobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。