Now Loading...

Now Loading...

シンリンオオカミ

分類 食肉目イヌ科
学名 Canis lupus lycaon
解説

オオカミはイヌ科の中で最も大きい。家族を中心とした7~13頭の群れをつくり、シカやウサギなどの哺乳類を捕まえて食べるが、は虫類、鳥類、魚類、昆虫も食る。イヌに比べて胸の幅がせまく深くなっているのが特徴。胸郭が深いことで呼吸の際に多くの酸素を取り込めるため、持久力があり、獲物をどこまでも追い続けて捕えることができる。決まった行動範囲を持ち、歩き回る際に尿や糞でしるしを付る。