現在位置:ホーム > 動物園 > 動物紹介 > 古代池

【ここから本文】

古代池

古代池の写真

古代池周辺の展示動物

鳥類
チリーフラミンゴ、ベニイロフラミンゴ、マガモ、サカツラガン、カルガモ、モモイロペリカンなど

備考

古代池にある鉄筋コンクリート造の恐竜像は昭和13年に開園1周年を記念して造られました。つくられた当時は、周りの樹木も低く東山動物園のシンボルとして堂々と君臨していましたが、現在は樹木に隠れあまり目立たなくなりました。
恐竜の種類は、イグアノドン、ブロントサウルス(現在はアパトサウルスといわれています)トリケラトプスの3種があります。現在はコンクリートの劣化により危険なため柵が設置してありますので登ることは出来ませんが、昔は柵もなく登ることができました。

ベニイロフラミンゴ

ベニイロフラミンゴの写真

学名

Phoenicopterus ruber ruber

分類

フラミンゴ目 フラミンゴ科

一般的な特徴

餌は水中のプランクトンや水生昆虫や藻類。長い首を下に向けて、クシのついたくちばしと舌を使って、餌をこしながら食べる。盛り土を造って営巣し、ヒナがかえると素嚢(そのう)から分泌されるフラミンゴミルクを飲ませて育てる。

動物紹介へ戻る

ページの先頭へ